FC2ブログ
Home  > スポンサー広告 > 香麺亭 彌吉 / 燕市熊森1558-1 > 特盛りユキヒロック > 香麺亭 彌吉 / 燕市熊森1558-1

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

香麺亭 彌吉 / 燕市熊森1558-1

2010/05/19(Wed) 08:33

どもども♪ ユキヒロックです。

ユキヒロック2


5月頭にリニューアル・オープンした旧・分水町の116号沿いの緑色の外観だった
「ラーメンハウス彌吉」が、今度は、店を大きく建て直し、
店舗の2/3がパスタのお店で、1/3がラーメンのお店という面白い形でオープンしました。

いや、比率は1/4か1/5くらいがラーメン店かな?
新潟市内にある、「うんと」と「たんと」でしたっけ?ラーメンとパスタ店が併設してるお店・・・
イメージはそんな感じを狙ってるのかな?麺類の二毛作!って感じですね。

彌吉 店


間口1間、奥行き4間くらいかな?

狭いスペースに、以前からのお父さんお母さんがラーメン店を営み、
残りの広いスペースは恐らく息子さん夫婦がやってるのだと思われるパスタ(イタメシ)屋さんです。

もう少し太ったら、お店に入れないのではないかと思うくらい狭かったです。

緑の外観だった以前の彌吉には1~2度行った記憶がありますが、
「健康らーめん」みたいなのをウリにしていて、無化調だったような記憶・・・
その為か、味がボヤけた印象があり、40年もいろんな添加物に汚染されてきた身体には、
上品すぎるなぁ~と思ってましたが・・・

今回のリニューアルオープンで、店が綺麗になり、器などもお洒落になり、
なんだかその上品さが、良い方向へ演出されており、食べていて逆にその繊細さが
美味しく感じるようになっていました。

彌吉 らーめん大

(ラーメン500円+大盛り100円也。)

「見た目」ってのも「味」のうち・・・ってのは、当たってるような気がしました。

とにかく、上品な甘味のあるスープは動物系より魚介系強し。

特筆すべきは、「麺」。

平たい中太麺で、色が白く「・・・米粉でも使ってるのかなぁ~?」と思える珍しい麺でした。

悪く言えば・・・見た目は・・「どん兵ェ衛」のカップうどんの麺?

いや、そんなことはないですね・・何処かで食べたことあるような・・・そうだ!!

このブログで前出の記事になっております、「中華のカトウ」の本店の麺に似ているっちゃー似ている感じです。

(繋がった~♪)

リニューアルということで、最初は疑心暗鬼な感じでしたが、このラーメン・・結構印象深いかも?
個人的には好きかも?また、行ってみたいかも?
・・・と、何故か語尾の疑問符が付いたままなのか自分でもわかりませんが、
ちょっとここら辺ではない面白い一杯と思います。

お隣のパスタ屋さんも調査の必要ありですね。


特盛メモとしましては、メニュー表を激写!!↓

彌吉 メニュー

・・・塩ラーメンが良さそうですね。♪

ごちそうさまでした。(^oo^)b
スポンサーサイト

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。