Home  > Category > 特盛りユキヒロック

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告

comment×  trackback×

レストラン ひめさゆり / 三条市役所内 地下

2011/02/03(Thu) 17:02

どもども、ユキヒロックです。

ユキヒロック アイコン


ボンビーなサラリーマンのランチは、やはりワンコインにこだわりたい。

しかも、味が良く、ボリュームがある方がいい。

肴は炙ったイカでいい。

女は無口なひとがいい~~~~んにゃ♪

しみじみ飲めばぁ~~~~~しみじみとぉ~~~・・・って、誰か止めてぇ~!止めてあげてぇ~!(>_<)/


しかも・・・音痴ですんません。(笑)

「三条市役所の食堂が安くて美味しいよ!」という情報を元に、調査に行ってきました。


ひめさゆり 店
(写真、ピンボケですんません・・・orz)


市役所を利用する機会に寄るってのはあるでしょうが、
なかなか、一般の人が「ランチにどうだい?」って感じではないですが、
道路沿いに看板に「どなたでも利用できます。」と書いてありますし、
意外と店内には作業着の一般の方も多くて、安心しました。

お薦めは500円の日替わり定食 なんと・・・ごはん、みそ汁おかわりOKです!
良い意味で「大人の給食」チックな感じもなんだか、懐か嬉しい。

働いてる方も元気で明るく、なんだかこちらも元気になってくる感じで嬉しくなってきます。


ひめさゆり 500円定食



この日の日替わり定食は、味噌漬けの豚肉焼きオクラ添えに、
ケチャップ風味のロールキャベツのロールキャベツ抜き(笑)
生姜のきいたキューリと何かの和え物(お酢な感じ)
モヤシの味噌汁に白飯。

味噌漬けの豚肉は柔らかくて美味しかったです。

他の小鉢も頑張って値段を抑えてる感じとか、少しでも美味しく食べてもらおうと言う努力が
見え隠れして、誠意が伝わってくるお味です。

これで日替わりなら、健康的で安くてここは穴場ですね。

ひめさゆり メニュー


ラーメンも「スープから手作りです!」とこだわってるようなので、
今度はラーメンも食べてみたい。

そして、「カツカレー 700円」も黄レンジャーとしては押さえておきたい。


久しぶりに「特盛メモ」ですが、以前は「三条で一番美味いラーメンはココではないか?」と、
一部マニアに定評があったのが、この三条市役所の食堂。
今は、燕の食堂を営んでおり、噂のラーメンが食べれるかも?と出向いたことが
ありましたが、今では普通のラーメンでした。
現在の市役所食堂は、別の経営なので「幻のラーメン」になってしまいました。


もちろん・・・ごはん おかわりさせていただきました。

ごちそうさまでした。(^oo^)b 
スポンサーサイト

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

バンバンバン餃子 吉田店 /  燕市西太田1602-1

2011/01/21(Fri) 11:24

どもども!ユキヒロックです。

ユキヒロック アイコン



三条四日町にもあるのですが、餃子のテイクアウト専門店で有名な
「バンバンバン餃子」では、餃子だけでなく定食もやっております。

バンバンバン餃子 メニュー


中でも、カレーライスに餃子などトッピングしたシリーズがお薦めです。


バンバンバン餃子 餃子カレー


餃子カレー(大)500円+大盛り50円はコスパ高い!

ま、カレーライスの上に餃子が乗ってるだけなのですが・・・(笑)
大盛りにすると結構大きなお皿に盛ってくれます。

カレーライスは、既製品なのかな、厨房の奥の方では、ガサガサと袋をあける音が
した後、暫くして「チン♪」みたいな音が聞こえてくるのはご愛嬌。(笑)

基本的にワンコインの定食は、貧乏サラリーマンの強い味方!!

以前は、「60個・・・20分以内完食で1万円!」というチャレンジメニューがあったので、
いつかは挑戦してみたいと思ってたのですが、数年前の小麦粉の高騰のあおりで、
企画がなくなってしまったのは残念。

ごちそうさまでした。(-人-)



「バンバンバン餃子 吉田店」

TEL 0256-92-7001
住所 新潟県燕市西太田1602-1
国道116号沿い 
営業時間 [月~金]
11:00~13:30
15:00~19:30
[土・日]
11:00~14:30
15:00~19:30
日曜営業
定休日 月曜日(祝日の場合は火曜日)

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

大黒亭 松屋小路店 @ 三条市

2011/01/17(Mon) 16:47

どもども!ユキヒロックです。

ユキヒロック アイコン


小正月も終わり、いよいよお正月ムードも払拭せねばならない今日この頃でしょうか?

昨年、2010年を振り返れば、「三条カレーラーメン元年」なんて感じで、
賛否はありますが、お店の前には、赤と黒と黄色の旗が立ち
マップができて、歌ができて、CDができて・・・
http://www.facebook.com/crpjme

ジワジワと盛り上がってきてるとは思うのですが、
あと一歩・・・何かしらの起爆剤が欲しいところでしょうか?

お金さえあれば、キムタクなどに宣伝してもらえば、一発なんじゃないかと・・・。
(キムタクでなんとかなると思ってる時点で、発想が昭和なんだろうなぁ~w)

ただ、そういう経済的な進展も大事かもしれませんが、もう一度、原点に立ち返って
本当に「俺たちの三条カレーラーメン」って何だったのか?

「灯台もと暗し」・・・今一度、マップを片手に自分達の町を食べ歩いてみたら、
また新しい発見や、楽しさがあるようにも思います。

自分の中でのカレーラーメンの代名詞は「大黒亭」。

本店の方が多いけど、松屋小路店も子供の頃はよく食べたのですが、
今となって改めて「あれ?どんな味だっけ?」と問いただされると、
なんだか、モジモジしてしまいそうなので、今一度、思い出しに行ってみたのであります。



・・・するとどうでしょう?(ビフォー・アフター風)


大黒亭 松屋小路店


本店が新装したので、この木造の長屋風のお店をマジマジと見たら、
ちょっと感動するくらいカッコイイ!! HONDAのカブが良い!!

上越の「ニュー・ハルピン」が「ラーメン屋さん 外観部門」では一番かと思ってましたが、
この大黒亭も負けないくらいにキマってるゼ!
(大黒亭の居島店も負けてないけど・・・)

カレーラーメン(お店のメニューにはカレーそばだっけ?カレー中華だっけ?)も人気ですが、
ノーマルのラーメンを頼む方が多い中、今日こそは、
「そっと心に決めてまいりました・・・」なので・・カレーラーメンです。

第一に・・うわぁ~「引き出し」から出される細麺に・・・グッとくるなぁ~。

昔のお肉やさんのコロッケってのも、引き出しの中にパン粉が入っていて、
ササッと、そのパン粉をつけてその場で揚げてくれたものですが、
大黒亭の引き出しの中の麺も、それを彷彿させて懐かしい。

今は「戸棚の中」なんて死語なのかもしれませんが、頂き物の饅頭だったり、お菓子なんかは、
たいてい戸棚の中に隠してあると言いますか、鎮座していたものでした・・・

昔の美味しいものって、何故か? そういう引き出しの中から出てきたような記憶があります。



大黒亭 松屋 カレーそば



S&Bのカレー粉は使ってるにしろ、まだバーモント・カレーなどお手軽な市販のカレールーが無かった頃に、
「小麦粉を炒めて作ったカレー」を彷彿とさせる粉っぽいカレーを、ラーメンスープに溶かした跡でしょうか?
気泡が浮いてるのも特徴ですね。

結構スパイシーで辛味もあり、生の玉ネギの甘辛さと相性抜群!・・でも、あっさり。

柔らかく茹で上がった、やや素麺風の細麺がシッカリと重さのあるカレースープを纏い、
歴史があるだけに、完成度の高い一杯になってて、改めて驚きました。

「カレーラーメンなんか、ラーメンにカレーを掛けただけらろが?」

・・・と、思ってる方はぜひ一度、大黒亭へ行ってジックリと真剣勝負してみていただきたい。

きっと新しい発見があると思います。

話は、少しわき道に逸れますが、
デビュー当時の「松田聖子」が、「歌が下手なアイドル」と言われていたことを、
今の若い人はあまり知らないと思います。

今現在、もの凄く再評価と言いますか、きちんと冷静に評価されていると思うけど、
当時の最先端のひと癖もふた癖もある音楽家たちが、詞や曲を提供していただけあって、
あの素晴らしい曲のひとつひとつを、「松田聖子の曲」誰が聴いても「松田聖子の歌」として、
ちょっと聴いただけでわかってしまうのは、下手とか上手いとかを超越した天性の才能。

しかも、ほとんど初見で一回か二回の録音で、
レコーディングしていた史実が、今では伝説のように語られています。

つまり、誰が作った曲でも「その人の歌」にしてしまう力っていうのは、
ボーカリストとしての大事な才能であり、個性。

三条のカレーラーメンも、「松田聖子」のように、カレーとラーメンを合わせただけでなく、
しっかりと「三条カレーラーメン」というひとつの食べ物になってある意味、
完成されてるような気がします。

「三条カレーラーメンは松田聖子だ!」というインチキそうな仮説をぶちあげつつ、
久しぶりの大黒亭のカレー中華に、改めて感動したのでありました。


ごちそうさまでした。(-人-)


住所 三条市本町2-14-22
地図  http://www.hotpepper.jp/strJ000334792/map/
営業時間 11:00~20:00 昼休みに入る時があります
定休日 水曜
駐車場 斜め向えの月極駐車場に有

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

2010年 今年の一杯 (ユキヒロック)

2011/01/01(Sat) 10:35

ども♪ ユキヒロックです。

ユキヒロック アイコン
(アイコン変えてみました!)

年末に風邪でダウン・・・31日にこの記事をUP予定が、元旦になってしまいました、すみません。

まずは、ご挨拶。

2010年も、大変お世話になり、ありがとうございました。

2011年も、マイペースではありますが、ガシガシと美味しいものを求めて、
歩いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2010年の「今年の一杯」というお題ですが、
どうしても二杯から絞れず、二杯なら三杯でもいいか?・・・など自問自答の葛藤を乗り越えつつ、
素直な自分の心に聞いた結果を・・・。

年の後半から営業時間や営業日などが変則的になって、何度か食べることができないことがあって、
不満はありますが、今年食べさせていただいたラーメンの中では、
南区 R8号沿 「ラーメン シェ」のムロ鯵と、鯛塩・・・甲乙つけがたいほど、
インパクトありました。

シェ 店

シェ ムロ鯵
(ムロ鯵)

シェ 鯛塩
(鯛塩)

見た目のガッツリ感とは裏腹に、繊細かつ計算された大胆なスープと太麺。
超濃厚豚骨に、負けない魚介出汁・・・なのに「臭くな~い!」。

流行があり、進化し続けた「ラーメン」という食べ物の行き着いたひとつの答えを、
見せてもらった感じがして、ほんと驚きました。

そして、「流行や進化」とはまったく逆に、「伝統や変わらないことの尊さ」を教えてくれたのが、
先回、紹介させていただいたばかりの、こちらも南区(旧・白根市街)の「六太郎食堂」。

六太郎 店

あの後、「塩らーめん」が気になって、
「タンメン(塩)600円+大盛り100円」を頂きにあがりました。

六太郎 タンメン


海苔の上にはコショーでなく、ゴマが乗ってますが、野菜を炒める時の胡椒でしょうか?
せっかくのシンプルで美味しいスープの繊細な味が胡椒でわからなくなるのは残念でした。

六太郎 らーめん

(前回食べたノーマルの醤油ラーメンの方が好きだなぁ~)

歳のせいか? 最近はこういう「アッサリ」且つ「美味しい」ラーメンに出合った時に、
涙腺が緩むような気持ちになってしまいます。

2010年 今年の二杯(三杯か?)となってしまいましたが、偶然、同じ南区からの登場した
対比の激しいまったく違うラーメンとなりました。


相対的に、2010年を振り返ってみたら、今までより自分の行動範囲が狭まってるような気がします。
雑誌などの新店舗紹介を片っ端から積極的に食べ歩いてた頃に比べると、年末の「新潟WEEK!」を
観てたら、まったく新店廻ってなくて愕然としました。

2011年はもう少し計画的に、新店舗も恐れず回りたいと思いました。

・・・と言うことで、燕三条☆麺喰団。ともども、大盛りユキヒロックの方も
2011年もよろしくお願いいたします。

他、2010年を振り返っては・・・ブログで詳しく↓
大盛りユキヒロック

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

六太郎 食堂 @新潟市南区(旧・白根)

2010/12/04(Sat) 10:22

おひさしぶりで、すみません。

ユキヒロック2

大盛り・・・いえ、特盛りユキヒロックです。

なんだか、キャラ設定が曖昧なまま、はや丸1年を迎えようとしておりますが、
ここへ来て、度肝を抜かれた一杯に出会ってしまいましたので、
やや興奮気味にお伝えいたします。

残念ながら「燕三条地域」ではないのですが、お隣の旧・白根市で
なんと!?大正時代から営業してるという食堂。

その名も♪デデン!! 「六太郎 食堂」

とにもかくにも、この衝撃的な画像を見ていただきたい!

六太郎 らーめん

三吉屋を筆頭に屋台発祥と言われる新潟支那そばの流れがココでも結実していたようです。

自分が今まで見た中で、新潟市古町の「拾番」のスープ透明度が一番と思ってましたが、
このラーメンは、それに匹敵・・・いや、もしや超えたかも?な透明度。

「摩周湖」なんて言う表現をされてる方もいますが、なにせ摩周湖見たことないもんで・・・(笑)
敢えて言うなら、敢えて言うならですよ、「私の心の内くらいの透明さ」って感じでしょうか?

「・・・ピュア過ぎてごめんなさい。」なのです。
と言う冗談はさておき、見た目が透明だからと言って、味が無い訳では決してありません

・・・しっかりと出汁の出た美味しいスープなのです。

そして、美味し!!!!

もうなんて言ったらいいのやら、自分の追い求めていたラーメンのひとつの方向の
完成形を見た?!・・・くらい食べた時は興奮してしまいました。

「まさか?!こんなところに、こんなラーメンが!?」というサプライズ。

まだまだ・・・あるところにはあるのだなぁ~と言う驚き。

求めていた味に出逢った喜びと、もっとこれからも出逢えるのではないかという希望を
いただいた一杯でした。

しかも、500円(+大盛り100円)と、お値段も素敵すぎます!

冬季限定という「天ぷらラーメン」が実に美味しそうでしたので、
次回は天ぷら・・・出来れば「塩らーめん」で食べてみたいです。

マイ・ベスト・らーめん2010にノミネート決定です。

あくまでも個人差がありますが、私は久しぶりに感動してしまいました。

ごちそうさまでした。v(^oo^)v 

~ 特盛りメモ ~
このお店もそうですが、南区(旧・白根)の食堂系に関しては、
ジョニーことまささんと、sppro9さんのブログを参考に廻らせていただいております。
リンク貼らせていただきますので、良かったチェックしてみてください。
そして、いつも貴重な情報ありがとうございます、感謝です。

ジョニーことまささんのブログ↓「月影の宵」
http://ameblo.jp/beatpop68/entry-10449573205.html

sppro9さんのブログ↓「新潟ラーメン自転車探検記」
http://scalpel.blog51.fc2.com/blog-entry-556.html



六太郎食堂 店

住所は、なんと! 新潟市南区白根一の町1番地とのこと。(笑)
さすが大正時代からの老舗食堂です。
(写真がお店撮ってるのか?自販機撮ってるのかわからなくてスンません。)

地図↓
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF8&q=%E5%85%AD%E5%A4%AA%E9%83%8E%E9%A3%9F%E5%A0%82%E3%80%80%E6%96%B0%E6%BD%9F%E5%B8%82%E5%8D%97%E5%8C%BA&fb=1&gl=jp&hq=%E5%85%AD%E5%A4%AA%E9%83%8E%E9%A3%9F%E5%A0%82&hnear=%E6%96%B0%E6%BD%9F%E7%9C%8C%E6%96%B0%E6%BD%9F%E5%B8%82%E5%8D%97%E5%8C%BA&cid=0,0,11403637130984631889&ei=yZb5TJPTBMr3rQfJmYS5CA&oi=local_result&ved=0CB0QnwIwAA&ll=37.761623,139.011083&spn=0.005361,0.013025&z=16&iwloc=A&brcurrent=3,0x5ff4dcbb2d46d685:0x5d04d486dca1bd03,0

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

麺屋 紅らい / @三条市

2010/10/10(Sun) 16:56

どもども、ご豚さしてすみません!

ユキヒロック2


お久しぶりにユキヒロックです。

今日は、灯台もと暗しと言いますか、思い込みってのはいけないなぁ~と、
教えられたお店のお話を・・・。

三条市南四日町4丁目1−3にあります、「麺屋 紅らい」。
嵐南公民館の近くの緑の建物です。(駐車場あり)


紅らい 店


この近くの製麺屋さんの直営で、アンテナショップ的な感じで、
すごくリーズナブルな価格と聞いてたので、てっきり「立ち食い」的な、
簡易なお店だと思い込んでいたのですが、まわりの評判が良かったので、
ものは試しと・・・この前、初めて行ってみました。

店内は思ったより広く、椅子席やカウンター席があり、明るく清潔感がありました。

日本そばや、うどんもやっていて、天ぷらが100円で数種用意されていますが、
今回の狙いはラーメン!しかも、背油中華 狙いでした。
ラーメンは他に、生姜醤油系もありました。


紅らい 背油中華480+100


結論から申し上げますと・・・旨し!!

これで480円+大盛り(たぶん2玉)100円は、安い!としか言いようがないです。

麺はもちろん、製麺所直営なので言うことはなく、平中太のツルツルシコシコで、
美味しかったのですが、スープは既製品のお湯溶き?!と思ってたのに、
こちらも負けじと美味しく・・正直・・・驚きました!!

もしかすると醤油タレが工場の既製品を使い、そこに煮干で出汁をとったものを足してるのかもしれません。
ただのお湯溶きスープとは全然ちがうように感じました。(味音痴・・あんまし、あてにならんけど)

いずれにせよ、既製品であれこれだけ旨ければ、まったく問題ないと思います。
(今度、厨房をよく観察してみようっと・・・)

少し甘めですが、しっかりと豚骨に、魚介系の香りもして背油なのにクドクなく、
どちらかと言えばアッサリにさえ感じます。

たっぷりの玉ネギがすごく良いアクセントになっていて、その対費用効果で言えば・・・抜群の一杯。

これは大きな穴場でした・・・今まで倦厭してた自分が馬鹿みたい。
たとえ既製品であろうと、自分でここまで作れないのは確かです。

・・・やはり、思い込みの喰わず嫌いはいけませんね。

お店では生麺や、野菜なども売られていて、背油らーめんのセットなんか、
すごく旨そうでした。お土産に良さそうです!

なんか、「今まで・・小馬鹿にしてて、すみませんでした!!」と、
素直に謝りたい気持ちでいっぱいです。


ごちそうさまでした。(^oo^)b 

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

みのり弁当 @ 加茂市

2010/09/12(Sun) 17:46

どもども! ご豚さしてすみませんでした。

大盛り・・いや、特盛りユキヒロックです。

ユキヒロック2

ようやく、家にネットが繋がり、これからは繋がり放題、書き放題ですので、
改めてよろしくお願いいたします。

で、今回はラーメンでなく「お弁当」です。

実は、燕三条☆麺喰団。にカツカレー部が存在してますが、
密かに「お弁当部」も作りたいなぁ~と思ってます。
お弁当と言っても、「愛妻弁当」でなく「買い弁」の方です。

・・・が、すぐに「部」とは行かないので、
とりあえず、「お弁当同好会」ということにしておきます。

三条のお弁当で、現在 最強ではないかと思われる
「アメヤ精肉店」のお弁当。(個人的には、幕の内大盛りがNo,1)
http://menkui2009.blog112.fc2.com/blog-entry-81.html

対抗馬として、お隣の加茂市では、この「みのり弁当」の名前が挙がるのではないかと思われます。

特に「鳥唐弁当 最高!」の噂を調査すべく、誰に頼まれたでなく、
危険をかえりみず、ひとり潜入調査して参りました。

(・o・)ゞビシ!!

みのり弁当 店

そのお店は加茂川の土手にございます。403号の加茂大橋のたもと(西)です。

小さい店構えですのでウッカリしてると見過ごしてしまいそうですが、
常連さんに愛され続けられてる感じがヒシヒシと感じられる質素ですが、凛とした存在感。

壁に沢山メニューが張られていますが、平均価格で500円以下な感じです。
大手の弁当チェーン店より割安な感じがします。

唐揚げ弁当の大盛りが450円です! さっそく注文しますと厨房の方で準備が始まります。
注文を受けてから、ちゃんと揚げたてを入れてくれるようです。

みのり弁当 鳥唐大450円

パッケージもあくまで質素ですが、なんだか味わいのある包み紙に包まれたお弁当は、
上におかず、下にライスの豪華二段仕立てとなってます。

みのり弁当2


「ギッシリ」という擬音語がこんなにピッタリ当てはまる弁当がありますでしょうか?

「詰め込みました!」という、ごはんや、おかずだけなく、愛までがギッシリ。

食べてみると、シミジミと・・・誠実で愚直で素朴な味がします!! 


みのり弁当3



いやはや、これは美味いです!! なんだか、涙が零れ落ちそうなくらいです。

なんだか、いつも傲慢で自分勝手な自分の言動が恥ずかしくなってくるような気持ちがしてくるほど・・・

「ごめんなさい!!」

とにかく、誰かに謝っておきたいくらい美味しかったです。



「燕三条☆麺喰団。お弁当同好会」

これからも密かにメンバーを増やし、調査の範囲を広げていきたいと思います。

「コアでマニアックな地元のお弁当屋さん」
「ここの弁当は喰っとけ!」という情報などございましたら、
大盛りユキヒロックの方へコメントいただけると有難いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukihi69


ごちそうさまでした。(^oo^)b 



Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

粋亭 海童 びっくりランチ @燕市

2010/07/03(Sat) 10:05

どもども、ユキヒロックです♪

ユキヒロック2


燕のランチメニューで評判の高い「海童」に、ようやく潜入調査してまいりました。

海童 店


お目当ては、雑誌とかにもよく紹介されてる「びっくりランチ 680円」。

早速、特盛メモですが・・・大盛りは50円増しです。

(・・・そんな情報あまり必要ないか?)(笑)

なんとなく、敷居が高い印象があって、なかなか行く機会が無かったのですが、
店内は、お寿司やさんのようなカウンターもあるものの、テーブル席や、小上がりがあって、
気さくな雰囲気でした。
(もともと、ほかけ寿司というお寿司やさんだったようですね。)


海童 びっくりランチ



この日のランチは、アジ丼にうどん、小鉢2にサラダに漬物+コーヒーサービスという構成。

メインのアジ丼は、甘しょっぱい漬けダレに、軽く漬けられたアジは、
大ぶりで脂が乗っていて美味しかったです。

ただ、大盛りにした割に、盛りの方も上品すぎでしたが、
うどんもあるので、見た目よりお腹は膨れました。

うどんは、どっちかというと濃い口醤油の関東風。
可もなく、不可もなく。

680円の割りに、味付けが上品で美味しかったのは満足でしたが、
食いしん坊基準からすると、品数やボリュームは、

「もっと吃驚させていただいても・・・一向に構いません!!」

・・・でありました。

たまたま、この日は、アタリが悪かったのかもしれませんが・・・。

食後のコーヒー(セルフ)は、ホッとできました、
ランチ時間を有意義に過ごせた感がいいですね。

ごちそうさまでした。(-人-)

289号沿い 新潟県燕市東太田7034−1
電話 0256-62-3050
営業時間 11:30-14:30、17:00-22:00
水曜定休

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

らあめん 天山 / 見附市市野坪64

2010/06/11(Fri) 11:08

どもども ユキヒロックです♪

ユキヒロック2


長岡駅裏(どっちが裏か表か微妙ですが・・・イトーヨーカ堂がない方)にも2号店が出来るほど、
地元では確実にファンを掴んで放さない「らあめん 天山」。


天山 店



「近くて、安くて、そこそこ美味くて、お腹いっぱい食べたい!」という自己検索で
一番上の方に出てくるのが、このお店。

自分でも気づかないうちに、定期的に行ってますね。

以前の記事↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yukihi69/folder/921526.html?m=lc&sv=%C5%B7%BB%B3&sk=0

少し臭みのあるコシの弱いクロレラ麺と、ショッパ目のスープってのがちょっと苦手なので、
クロレラ麺でない太麺に、醤油だとキツイので、塩ラーメンを大盛り(2玉)にして頼むのが、
自分の流儀ですが、この日は確か?「日替わりサービスラーメン」ってのが、普通の醤油らーめんだったので、
醤油ラーメンの太麺で頼んだと記憶してます。


天山 らーめん大



日替わりのサービスラーメンがあるのも、お得でしかも、いろんな味が試せてよいサービスだと思います。

昔はライスがサービスだったと思いますが?・・・数年前の小麦粉高騰の時に、
そのサービスは廃止されましたのは残念でした。

先日、このお店のファンだという方にお逢いしまして、
かなり熱くこの「天山」について語られていたのですが、
確かに、熱烈なファンで支えられてる感じはわかります。

その時の情報を特盛りメモとして公開させていただきますと・・・。

まず驚いたのが、見附(旧・中ノ島?になるのかな?)旧8号線の「悟空館」の息子さんが、
天山を営んでいるそうです!!

そう言われてみたら・・・クロレラ麺やら人気の味噌らーめんの雰囲気も似てますね。

・・・で、その悟空館の女将さん・・つまり、天山のお母さんは、
息子のやり方に「あんなの駄目だ!!」と不満を持ってるそうです。

何故なら・・・

「あんなに、良い素材をたっぷり使ってたら商売にならない!!」

・・・とのこと。

ということは、逆に言えばお客さんとしてはお得なお店ってことになりますよね?

確かに、基本のスープには濃厚な魚介出汁に動物系・・・更にいろんな素材をプラスしてる感じが
採算度外視的な心意気がジワリと伝わってきます。



息子さんは現在・・長岡店にいるようで、この日の見附店では見かけなかったです。
そのせいかどうか知りませんが、前より味が変わった気がしました。
多店舗展開は喜ばしいですが、そのせいで味が落ちたら元もこもないので、
十分注意していただけたら・・という老婆心が残りました。

「老爺だけども・・老婆心とは・・これいかに?」

ごちそうさまでした。(-人-)  


61/150杯

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×

香麺亭 彌吉 / 燕市熊森1558-1

2010/05/19(Wed) 08:33

どもども♪ ユキヒロックです。

ユキヒロック2


5月頭にリニューアル・オープンした旧・分水町の116号沿いの緑色の外観だった
「ラーメンハウス彌吉」が、今度は、店を大きく建て直し、
店舗の2/3がパスタのお店で、1/3がラーメンのお店という面白い形でオープンしました。

いや、比率は1/4か1/5くらいがラーメン店かな?
新潟市内にある、「うんと」と「たんと」でしたっけ?ラーメンとパスタ店が併設してるお店・・・
イメージはそんな感じを狙ってるのかな?麺類の二毛作!って感じですね。

彌吉 店


間口1間、奥行き4間くらいかな?

狭いスペースに、以前からのお父さんお母さんがラーメン店を営み、
残りの広いスペースは恐らく息子さん夫婦がやってるのだと思われるパスタ(イタメシ)屋さんです。

もう少し太ったら、お店に入れないのではないかと思うくらい狭かったです。

緑の外観だった以前の彌吉には1~2度行った記憶がありますが、
「健康らーめん」みたいなのをウリにしていて、無化調だったような記憶・・・
その為か、味がボヤけた印象があり、40年もいろんな添加物に汚染されてきた身体には、
上品すぎるなぁ~と思ってましたが・・・

今回のリニューアルオープンで、店が綺麗になり、器などもお洒落になり、
なんだかその上品さが、良い方向へ演出されており、食べていて逆にその繊細さが
美味しく感じるようになっていました。

彌吉 らーめん大

(ラーメン500円+大盛り100円也。)

「見た目」ってのも「味」のうち・・・ってのは、当たってるような気がしました。

とにかく、上品な甘味のあるスープは動物系より魚介系強し。

特筆すべきは、「麺」。

平たい中太麺で、色が白く「・・・米粉でも使ってるのかなぁ~?」と思える珍しい麺でした。

悪く言えば・・・見た目は・・「どん兵ェ衛」のカップうどんの麺?

いや、そんなことはないですね・・何処かで食べたことあるような・・・そうだ!!

このブログで前出の記事になっております、「中華のカトウ」の本店の麺に似ているっちゃー似ている感じです。

(繋がった~♪)

リニューアルということで、最初は疑心暗鬼な感じでしたが、このラーメン・・結構印象深いかも?
個人的には好きかも?また、行ってみたいかも?
・・・と、何故か語尾の疑問符が付いたままなのか自分でもわかりませんが、
ちょっとここら辺ではない面白い一杯と思います。

お隣のパスタ屋さんも調査の必要ありですね。


特盛メモとしましては、メニュー表を激写!!↓

彌吉 メニュー

・・・塩ラーメンが良さそうですね。♪

ごちそうさまでした。(^oo^)b

Category:特盛りユキヒロック

comment×  trackback×


▲このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。